座る時の姿勢

こんにちは、福山市の整骨院『はま整骨院』の浜野貴浩です!

みなさんはデスクワークや車移動、会議などで長時間座っていると腰が痛くなることって有りませんか?

それはあなたがそういう体質!なのではなく座る姿勢に問題があるかもしれません!

今回は長時間座っていると腰が痛くなりがちな人に多い姿勢と簡単な改善方法をご紹介したいと思います。

《座ってる時もしかしてこんな姿勢になっていませんか?》

座っていて腰が痛くなる方の多くはイラストのような姿勢で座っている人が多いです。

骨盤が後ろに倒れてしまっている状態です。こういった姿勢になると腰の骨(腰椎)も丸まってしまいその周りの筋肉に負担がかかり、座っていると腰が痛くなったり、動きはじめに腰がすぐ真っすぐにならないなどの症状がおこりがちです。

こういった方の多くは腹筋など体幹の筋力低下なども多く見られます。また背中も丸まっている方が多く肩こりでもお悩みの方が多いです。

 

 

 

 

 

《改善方法》

改善法としてお尻を突き出したような姿勢を取ると下1/3辺りに硬い骨が触れるかと思います。座骨という骨です。

座ったときにその座骨より少し後ろにタオルなどを丸めて入れてみてください。

こうする事により骨盤が後ろに倒れる事を防止し腰が丸まるのを防ぎます!

家に有るものですぐに実践できるので是非一度試してみてくださいね(^^)

 

 

 

 

 

《まとめ》

今回は腰痛の方に多い座り方と改善方法についてお話ししました。

当院に来られる患者さんで座っていると腰が痛くなうというお悩みはよく耳にすることが多く、同じようにお悩みの方も多くおられるかと思います。

簡単なので是非今日から試してみてください!