肩こり

こんにちは!はま整骨院の浜野貴浩です!

みなさんは『肩こり』経験されたこと有りますか?当院にも多くの人が肩こりでお悩みの方が来院されます。

その中には慢性的に何年も肩がコッている方や、一時的な方、頭痛や吐き気ももよおしてこられる方や、動きによって痛みや肩の動きに制限を感じておられる方など様々です。

今日はそんな多くの方がお困りの肩こりについて書いていこうと思います、よかったら最後まで読んでみてください。

《肩こりとは》

肩こり(かたこり 肩凝り)とは症候名のひとつ。肩だけでなく、首も凝ることが多い。「肩が張る」とも言う。主に僧帽筋に起こる症状。厚生労働省による国民生活基礎調査(2015年度)における有訴者率で男の2位、女の1位を占める症状である(男の1位、女の2位は共に腰痛)。

ウィキペディア参照 https://ja.wikipedia.org/wiki/肩こり

肩こりとはザクッというと肩周りの筋緊張が強くなったもので、筋肉の緊張が強くなると動きに制限がでたり、血行も滞る事が多いので頭痛やダルさ、頭がぼーっとしたりなど様々な不快感や痛みを伴う事が有ります。

ウィキペディアでは主に僧帽筋と書かれていましたが、身体の使い方や、姿勢によりイラストに書いているような様々な筋肉の緊張が強くなります。また緊張の緊張の強い筋肉によって症状も様々です。

 

《どうして肩こりになるのか?》

肩こりの一番の原因は姿勢です!

イラストのように肩関節より頭が前に有る状態を長時間続けることにより頭を首や肩、背中の筋肉が支えるため筋肉の緊張が強くなり様々な症状を生じさせます。

 

こういった姿勢は日常生活の様々な場面でどうしても有ります。特に一生懸命頑張っている時。人は前かがみになるのでお仕事や勉強、家事などをしていて「あ、前かがみになってるな。」と感じた時は少し上を向いて見たり、身体を反らしてみるなどして一息入れてみてください。

また、慢性的に肩こりでお困りの方は普段からこのような姿勢を取っている場合があります。身近な人に見てもらったり当院でも姿勢のチェックは無料で行っているのでお気軽にお問合せ下さい。

また近年はスマホを長時間使用する事でこのような姿勢になっている「スマホ肩」の方も多くおられます、スマホ肩についても以前ブログでお話ししたので良かったら読んでみてください。

http://wp.me/paYYgl-BK

 

《肩こりの予防、改善法》

肩こりの予防・改善法は運動や体操です。ここではどこでもでき簡単に出来る3つの運動をご紹介します。

①手を組んで両腕を頭上に目一杯伸ばす。10秒

この時両方の肩甲骨が近づいていくのを意識して目一杯伸ばしましょう。

②手を組んで両腕を前方に目一杯伸ばす。10秒

この時は両方の肩甲骨ごと前に伸ばすつもりで両方の肩甲骨が外に開いていくようなイメージで行いましょう。

③片手でもう片方の手首を持ち手は下に、頭は反対側に倒してみましょう。左右10秒

この時引っ張られている腕側の肩から首にかけてをしっかり伸ばしてください。また、頭を傾ける方向も真横ではなく斜め前に傾けるとより背中側を伸ばす事が出来ます。一番肩の気になる部位が伸びるように調節してみてください。

《まとめ》

今回は有訴者率(2015年調べ)男性2位、女性1位である『肩こり』についてお話ししました、肩こりは普段の姿勢、運動不足、冷えなどでよく発生します。改善するためには、いきなり多くの事を始めるのは難しいと思うので、まずは最後にご紹介した3つの体操から始めてみてください。それぞれ10秒ずつなので直ぐに始められると思います。

また、体操しても治らない、体操どうしても続けられないという方は『はま整骨院』にお電話ください。当院ではその方の状態を診て最適な施術を心がけています。お気軽にお問合せください。