腰に負担をかけにくい腹筋トレーニング

こんにちは!はま整骨院の浜野貴浩です。今回は腹筋について書いていこうと思います。腰痛でお困りの患者さんの多くは腹筋の筋力が低下している人や、腹筋を上手に使えていない人が多いです、腹筋や体幹の筋力低下が腰痛の原因になるを一度は耳にしたことがあという方も多いのではないでしょうか?

確かに腹筋が弱かったり、腹筋を上手に使えていないと腰痛の原因になります、ただ、腰痛予防や腰痛を改善するために腹筋を始めたら腰痛になってしまった腰痛が悪化してしまったという方の話もよく聞きます。

そういった方の多くは腹筋をするときに知らず知らずのうちに腰へ負担をかけている事が多いです、今回は腰に負担をかけてしまう腹筋はどういったものなのか、また腰へ負担をかけないためにはどういった事に気を付ける必要があるのかについて書いていきたいと思います。良かったら最後まで読んでみてください。

腰痛予防や腰痛改善のために腹筋する人やダイエットや運動不足解消のために腹筋を始めた人などは腹筋の筋力が弱かったり、上手に使えていない人がほとんどだと思います、そういった方がいきなり上のイラストのような腹筋を行うとほとんどの人が腰を痛めます。

なぜかというとそういった人は腹筋で体を起こす際力が弱いので腰を反らし勢いをつけて身体を起こす傾向に有るからです。

腰を反らして腹筋をしてしまうと瞬間的に腰に強い力が入ってしまうため腰痛を引き起こしやすくなります。

なので腹筋で体を起こす前に腰と床のスペースを潰すイメージで腹筋にお腹に力を入れそのまま身体を起こす、なるべく腰が反らないように気を付ける必要が有ります。

またそうすると体を起こすことができない方も多いので、その状態のまま息を吐きながら20秒~30秒ほどお腹に力を入れるだけでも腹筋や体幹を鍛える事が出来ます。これをドローインといいます。

これから腹筋を鍛えようと思っている方や、腰痛をお持ちの方はこれから始めてみると良いと思います。

立位や椅子に座った状態でも骨盤を立てるイメージでお腹に力を入れることで場所を選ばず行う事ができるので少し時間が空いた時にお腹に力を入れるのも良いかと思います。

今回紹介した腹筋以外にも腹筋や体幹のトレーニング方法は様々有ります。また当ブログでも書いていきたいと思うのでまた気が向いたときにHPをご覧になってください。