はま整骨院 姿勢のお話し

こんにちは、はま整骨院の浜野貴浩です。

はま整骨院では姿勢の矯正で『猫背矯正』という施術を行っています。

今回は良い姿勢ってどんな姿勢を言うのか、姿勢が良かったら何が良いのかをお話ししようと思います。ご自身の姿勢が気になっている方も、そうでもない方も最後まで読んでいただけると嬉しいです。

良い姿勢ってどんな姿勢?

そもそもいい姿勢ってどんな姿勢の事を言うのか知らない事には自分の姿勢が良いのか悪いのかわかりません。まずは良い姿勢とは!についてお話しします。

僕の側面からと前からの写真です、セルフタイマーで撮ったのでちょっとなーと、思う所もあります。

横から見ると、股関節(大転子)膝蓋骨後面外くるぶしの2~3cm前が一直線にある状態が良い姿勢と言われます。

・大転子-大腿骨(太ももの骨)の根元に近い所の触れ部位で、横から手のひらで股関節を触ったときに触れる大きい骨の出っ張りの事です。

・膝蓋骨後面-膝のお皿といったら分かる方が多いかと思いますが、それが膝蓋骨という骨です。その後面に沿って耳・肩…と垂直に線がおりてくるのが理想的です。

写真は肩と耳の位置がやや後方に位置していますが、大体赤い線に近い所を先ほどの5ヵ所が並んでいます。

正面から見た状態では、あご左右の鎖骨の間へそ左右の膝の間が一直線に並び。左右の肩左右の腰骨の高さが水平なのが良い姿勢です。

普段気にする事が無いかもしれませんが、案外首が左右どちらかに傾いていたり、左右の肩の高さや腰の高さが違う人が沢山います。

前方からは鏡などで自分の状態を見ることが出来るので、毎日鏡などで確認し、左右の高さのチェックを行うようにしましょう。

姿勢が良いとこんな良い事が。

・身体にかかる負担が軽減し、肩こり、腰痛、首痛などになりにくくなる。

良い姿勢で生活することにより、身体の各所にかかる負担が軽減し、肩こりや、腰痛、首痛などになりにくくなる他、背中の丸みが強い人などは身体が起きることにより、呼吸が深くなり血中の酸素量も増加します。

・見た目の変化。

姿勢の良し悪しで見た目も変化し、パッと見の印象も変わります。

例えば女性の方には骨盤の前傾が強くなっている方が多いのですが、骨盤が前傾するとお尻やお腹が大きく見えてしまいます。骨盤を起こすだけでお腹や、お尻がスッキリして見えます。

姿勢を正すには。

「姿勢が悪い」「背中が丸まっている」と、言われた事がありますか?

言われたことがある方は、大体言われたとき背筋を伸ばしたり、胸を張ってみたりしたことと思います、ただそういった姿勢はなかなか長続きせず、すぐ元の姿勢に戻ってしまたのではないかと思います。それは、今の姿勢が楽だからです。

急に良い姿勢で生活するのは正直無理です。いい姿勢になるにはどうしても時間がかかります。

良い姿勢になるには、まずご自身の今の状態を知る必要があります。そのうえで頭の位置が前に来ている、肩が前に入っている、背中が丸まっているなど自分の問題点を見つけ、一つずつ改善していくのが一番の近道なのではないかと思います。

当院では猫背矯正を行った後、次回来院される際猪状態をキープしてもらうため自宅でセルフケアをお願いしています。

その際一度に何個ものセルフケアを行うのではなく、まづは骨盤の状態を安定させるためのセルフケアを行っていただき、骨盤が安定してきたら上半身のセルフケアを行ってもらうようにしてます。

まずは今の状態を写真や、鏡で確認し、今の状態を把握し状態に合ったエクササイズやセルフケアを一つずつ実践してみてください。

どうしたら良いか分からない場合や、お近くの方は当院で姿勢のチェックを無料で行っているのでお気軽にご相談ください。