梅雨時期にとっても多い頭痛について

こんにちは、はま整骨院の浜野貴浩です。

今年は例年に比べかなり遅めの梅雨入りだそうです、今回はこの梅雨時期に多い頭痛について書かせて頂こうかと思います。

この時期になると絶対ひどい頭痛に悩まされる。頭痛薬が手放せない。しんどくて仕事を休んでしまった。頭痛すぎて吐き気がする。心配になって脳外科に行ってきた。この時期になるとよく耳にします。普段も頭痛で来られる方は居られますが、特にこの時期の頭痛はひどいように感じます。

頭痛にお悩みの方も、そうでない方も良かったら読んでみてください。

なぜ、この時期頭痛になるのか?

この時期になると身体がだるい、頭が重い、頭痛がひどい、その原因は気圧の影響を身体が受けてしまうからだとよく言われます。

普段体感的には感じる事はありませんが、日常的に身体は空気の圧身体の外からを受けています、そして身体の中からも同じ圧力で押し返すことによりバランスを保っています。

しかし、梅雨時期になると低気圧が頻繁に通過するためそのバランスが崩れてしまい自律神経を乱したり、様々な身体の不調をきたしてしまうのです。

そのためこの時期になると決まって体調を崩したり、頭痛をひき起こしたり様々な身体の不調でお困りの方が多くなります。

その中でも当院に良く来られるのは、頭痛でお悩みの方です。そういった症状で来られる方の多くは、首や肩周りの筋肉が過緊張状態の方、いわゆる肩こりがひどい方がとても多いです。

慢性的な肩こりの方はよくご存じかと思いますが、首肩周りの緊張が強くなると緊張性の頭痛を引き起こしやすくなります。

そういった身体の状態のところに気圧の影響を受け、普段よりひどい頭痛になったり、普段頭痛までならない方えもこの時期になると頭痛をひきおこしてしまうのだと思います。

頭痛にならないためにできる事

頭痛を起こさないために出来ることは、やはり普段から首や肩周りの筋肉の緊張を和らげておく必要が有るかと思います。頭痛対策にこんな事を気を付けてみるとどうでしょうか?

・長時間の同じ体制でいないようにする。ストレッチなど適度な運動を心がける。

長時間同じ体制にいると、筋肉の動きが悪くなり、体制によっては常に力が入っている状態になります、そのため筋緊張を引き起こしやすくなるため、なるべく同じ体制で長時間過ごすことは控え、適度にストレッチを行ったり、身体を動かすように心がけましょう。

事務作業などデスクワークの方は、時間を決めて首を回したり肩を動かしたりするのも良いかもしれません。

・首や肩を冷やさない。

この時期クーラーや扇風機の風を直接浴びたり、冷たい飲み物ばかり飲むことにより身体が冷えてしまいがちです。身体が冷えてしまうと血管が収縮し血行が悪くなります、血行が悪くなると酸素や栄養素の供給の低下や、老廃物が体内に溜まりやすくなるため筋肉の動きを悪くする事につながります、また血行が悪くなる事自体が頭痛を引き起こす原因にもなります。

それでもスッキリしない方は。

なかなか自己管理だけでは限界があり、普段気を付けている時でも頭痛になってしまうことがあります、今回は当院に来られることの多い緊張性頭痛についてお話させていただきましたが、頭痛にも色々あり、中には本当に脳に原因がある場合や、その他病気のシグナルで有る場合も有るので、我慢せず医療機関に受診してみるのもいいかもしれません。

また当院でも緊張性頭痛の方にはマッサージなどを行い、首肩周りの筋緊張の緩和を行ったり、近年多いのが猫背などの姿勢から首肩周りへ負担がかかり、筋緊張や頭痛を誘発している場合もあり、状態に応じた処置が出来るように心がけています。

お近くにお住いの方はで頭痛や肩こりなどでお困りの方は一度ご相談ください。